一週間で太ももを細くする方法!TOP > 太ももダイエット! > 水泳のメリット・デメリット

水泳で太ももを細くする方法について!


水泳をしている人の画像

ダイエットには、有酸素運動が良く、中でも水泳が効果的とよく言われます。

水泳をすることで普通にダイエットとなり、足を細くすることが可能です。

出来る事なら、水泳で効率よく太ももを細くしたいでしょう。

そこで、ここでは・・・

水泳が良い理由について!

どんな泳ぎ方がいいのか?

水泳のメリット・デメリットについて!
こられについて解説していますので、太ももを細くしたい人は参考にしてみてください。


水泳が良い理由とは?


なぜ水泳をするのがいいのか?

それは、水圧がかかった状態で運動できるから!

単純な話、水泳を行うと水圧がかかるので、少しの動作でもカロリーを多く消費することができるというわけです。

ここが一番のポイントです。

例えば、ウォーキングと水泳を比較した場合、消費カロリーは次のようになります。

女性の場合、30分のウォーキングでカロリーを60〜80kcalほど消費します。

ですが、水泳になると・・・

平泳ぎの消費カロリー:200kcal/30分

クロールの消費カロリー:500kcal/30分
このぐらいの目安でカロリーが消費されていくんですね。

同じ時間運動したとしても、消費カロリーが違いますので、短時間で効率よくダイエットすることができます。

また、水泳は、全身運動なので太ももだけに限らず、体全体のダイエットに最適です。

ちなみに水圧効果で血行改善やリンパの流れも良くなると言われているので、太ももを細くするには一石二鳥になりますね。

さらにプールの水は冷たいので、体温を保つために脂肪を燃焼します。

その様な事から、ダイエットには、水泳が効果的となります。

もちろん、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動もいいですが、水泳を続けることが可能であれば、太ももを細くさせるためにも試してみる価値はあるでしょう。


どんな泳ぎ方がいいのか?


太ももを細くするために水泳がいいわけですが、どんな泳ぎ方がいいのか?

中には、泳ぐのが苦手と言う方もいるでしょう。

そんな方は、プールの中を歩くだけでも効果があるので、水中ウォーキングを行いましょう。

実際にやってみると、普通に歩くのと違い、思うように体を動かすのが難しく、体力を使うのが分かると思います。

つまり、それだけ足の筋肉を使う事になり、カロリーも消費されて太ももが細くなっていきます。

普通に泳ぐことができる方は、クロールと平泳ぎを交互にやることをお勧めします。


クロールの効果は?


クロールで泳いだ場合、つま先を伸ばした状態でバタ足をするので、足を細くする効果が期待できます。

ただ、クロールのデメリットは、あまり長い時間続かないところです。

なので、ビート板を使うのもいいと思います。
ビート板であれば、クロールが泳げない人でも使えますからね。

平泳ぎの効果は?


平泳ぎの場合、股関節がよく動かすので、太ももの前側の筋肉、それと裏側の筋肉であるハムストリングがバランスよく鍛えることができます。

また、平泳ぎは、クロールと違い、長い時間でも泳いでいられるところもメリットになりますね。
もちろん、その他にも背泳ぎとかバタフライなどがありますが、やっていけないわけではありませんので、色々と混ぜて泳いでも構いません。

それと泳ぐ時間は決まりはありませんが、30〜45分ぐらいを目安に泳げばいいと思います。


水泳のメリット・デメリット


太ももの画像

水泳のメリット・デメリットってどんなものがあるのでしょうか?

メリットの方が多いように感じる水泳ですが、デメリットもあるのでしっかりと確認しておきましょう。


メリットについて!


先ず、水泳のメリットについてですが、上記でも書いた通り、消費カロリーが高いので、短時間でカロリーが消費されるので効率よくダイエットできますし、運動中は事故は少ないです。

ウォーキングやジョギングと違い、転んで足を捻挫することもありませんからね。

それに、膝に負担がかかりませんので、膝通や腰痛の方が安心してできる運動と言っても過言ではありません。

他にも・・・

・心肺機能が上がる
・疲労回復効果
・肝臓や筋肉の代謝機能が上がる
・胃腸の働きを活性化させる
・皮膚のハリがアップする


など、健康や美容に良いことが分かっています。


デメリットについて!


メリットばかりが目につく水泳ですが、デメリットもいくつかあります。

例えば、水着になるので、抵抗を感じる人もいるでしょう。

そもそも、近くにプールがないと水泳をすることが出来ません。

特に気をつけたいのが、冷えや脱水症状です。

温水プールは、温泉ではないので、冷たく感じることがあります。

水泳で運動するのはいい事ですが、体が冷えると感じたら採暖室で体を休めるようにしてください。

また、運動中は汗を多くかくので脱水症状になる場合もあります。こまめに水分補給するようにしましょう。

あとデメリットではありませんが、注意する事として、プール内は滑るところもあるので、ケガをしないためにも走らないことです。

それといきなりプールに入ると心臓に負担がかかって血圧が一気に上がり、危険ですので、必ず、準備運動をしてからプールに入るようにしてください。

このように水泳には、メリットやデメリットがあるということを覚えておきましょう。
♪人気の足痩せ方法!
スリムレッグラボ
たった1日2分流すだけ!「anan」をはじめ数多くの女性誌で紹介され話題に!エステティシャンも実践しているプロの脚やせ方法【スリムレッグラボ】現役読者モデルでも−5cmに成功しました!