♪TOP > 足痩せの知識 > 血流を改善するといい?

血流を改善させるといい?


血流を良くするといい?

太ももを細くしたいなら血流を改善することが大事です。

実は、血流が悪くなると浮腫みやすく、冷え性にもなりやすくなるんですね。

冷え症になれば基礎代謝も悪くなり足痩せが難しくなってしまいます。

また、血液が悪くなれば、健康にも悪影響を与えてしまいます。

健康的に痩せたい、太ももを細くしたいなら血流を改善させることが大切です


そこで、ここでは、血流を改善させるために・・・
生活習慣の見直しについて!

手軽に血流を改善させる方法
これらについて解説しています。

太ももを細くしたい方、健康的に体になりたい人はぜひ参考にしてみてください!


生活習慣の見直しについて!


血流を改善させるためには生活習慣の見直しは必須です。

特に冷えやむくみ、肥満の方は、血流が悪くなっている可能性があります。

ですので、悪い生活習慣は必ず見直していきましょう。

では、どんな生活習慣にしていけばいいのか?

具体的には・・・
・運動不足
・乱れた食生活
・睡眠不足
これらがあげられます。


運動不足について!


もし、運動不足と感じているなら、筋トレや有酸素運動を行いましょう。

特に激しい筋トレなどはしなくても大丈夫です。

スクワット程度の筋トレでも効果はあります。

また、筋トレ後に有酸素運動を行うのが効果的です。

軽めのジョギングかウォーキングなどもお勧めな運動になります。


乱れた食生活について!


もし、暴飲暴食が続く食生活であれば、注意が必要です。

食べ過ぎれば当然、肥満になりますし、太ももを細くするのは難しくなります。

食事に関しては、肉や魚、野菜などをバランスよく食べるようにしましょう。

また、腹7分目で食事を終わらせるようにするのが理想です。


睡眠不足


睡眠不足が続けば、血流は滞りがちになります。

それにホルモンバランスも乱れるので美容に悪いです。

なので、いつまもでも夜更かししないで早く寝ることを心がけてください。

理想は7から8時間ぐらいの睡眠を取ることが大切です。

・・・・

血流を改善させるためにも生活習慣を見直していきましょう。

続けることで、肥満解消になり、太ももは細くなっていきます。


手軽に血流を改善させる方法


手軽に血流を改善させる方法

血流を改善させる方法も色々あります。

ここでは、手軽にできるやり方を紹介したいと思います。
・半身浴や足湯

・ツボ刺激

・体が温まる食べ物
これらがあります。


半身浴や足湯


重力の関係で血液は下半身に停滞気味になります。

血流を良くするには、下半身の血流をスムーズに心臓に戻す必要があります。

そこで、足を温めることが重要なポイントになるんですね!

足が温まることで、血液の巡りが良くなりますし、冷えも改善できます。

足や下半身を手軽に温めるには、半身浴や足湯が効果的です。

時間がある時は、足湯を行いましょう。

また、毎日の入浴では、20分程度、半身浴をするといいと思います。

関連記事
体を温めると太ももが細くなる?


ツボ刺激


血流を良くする方法とそていは、ツボ刺激を行うの1つの方法です。

人間の体には数多くのツボがあるんですね。

その中には、血流を良くするツボも存在します。

お勧めするのは・・・

築賓(ちくひん)です。


このツボは、ふくらはぎに存在します。

て全体でふくらはぎを包む感じで親指を使ってやや強めに押していきます。

これを何度か試していきましょう。

下半身全体の血流が良くなり、また、末端の足先まで冷えが解消されます。

足痩せにも効果が期待できそうですね!

あわせて読みたい記事
ツボで太ももを細くする!


体が温まる食べ物


血流を改善させる食べ物にも色々あります。

ここでは、手軽な物を紹介したいと思います。

それは、生姜(しょうが)です。

生姜は、温めることでショーガオールという成分になります。

降下しては、身体の深部に熱を作り出して身体を温める作用があります。

体が温まることで血流が改善され、免疫力もアップするんですね。

ポイントは、生姜を温めることです。

簡単に摂取するには・・・
・紅茶に生姜を入れて飲む!

・炒め物に生姜を入れる

・味噌汁など汁物に入れる
これらが手軽で簡単に摂取することができます。


まとめ


こちらでは、太ももを細くするために血流を改善させる方法をお伝えしました。

特に生活習慣の見直しは美容と健康のためにも必ず行うようにしてください。

また、手軽に血流を改善させる方法もいくつか紹介しました。

これらは、いずれも続けることが大前提です。

太ももを細くするためにも血流改善を目指してくださいね!